小学2年 体育指導内容 短距離 & バスケ①

スポーツインストラクターとして運動を教えているため、指導内容の確認ができるようにブログに記載します。
体育の授業にもそのまま活かせるので、良ければ参考にしてみてください。

【基本的な考え】
・小学生までになるべく神経系を発達させたいので、様々な動きをさせて、コーディネーション能力を身につける
・子どもが飽きたり、ふざけたりしないように、一つの内容は5分程度にしテンポよくやる
・指導ポイントは1回の動きに対して1つ。ポイント説明→すぐ実践→追加のポイント→すぐ実践を繰り返す
・水休憩をたくさん挟み、その間に道具の準備などする
・専門の種目とは別に、毎回短距離走のための運動を取り入れて運動量も確保する
・楽しむためのファンゲームを間に挟む

目次

1、あいさつ & 準備運動 (5分)

筋肉を温めケガを予防するために準備運動をする。

屈伸、伸脚、回旋、前後、アキレス腱、手首足首、首をほぐす。

バスケでは足首のケガが多いので、しっかりやらせるようにする。

ただし、静的ストレッチ(10秒以上止めて筋肉を伸ばす)をやると可動域を超えて関節が曲がる可能性が高まるので、動的ストレッチのみにする。

パスの時に肩甲骨を動かすと強く出せるので、腕を大きく回して肩甲骨をほぐす運動も入れると良い。

2、バランス(2分)

ベースポジションで10秒キープ。

ちゃんとやるとなると意識することは結構多い。

①膝をおへそまで上げる
②つま先は上に向ける
③背筋が地面に対して垂直になるようにする
④地面についてる足のかかとを浮かせる

すべてを一度には難しいので、毎回やって1つだけポイントを伝えるようにする。

出典:https://nigirimesi.com/to-run-fast

3、短距離ダッシュ & スキップ & 後ろ向きダッシュ(5分)

コーンまでダッシュして戻ってくる。(15mくらい)

敏捷性を高めたいので、長い距離は走らせない。

身体が温まっていないようなら、最初は「半分の力で」。次に「少し速く」。最後に「全力で」とステップを踏むと良い。

スキップは短距離走のため、後ろ向きダッシュはバスケで使う動きなのでアップに取り入れる。

コーン 25本セット 23cm 5色

4、座った状態からダッシュ(2分)

座った状態や、うつぶせの状態から、笛の合図でダッシュ。

「よーい」のあと、必ず沈黙の時間を2秒以上作る。

これにより、集中力が高まり敏捷性がつきメリハリもつけることができる。

5、サイドステップ(5分)

コーンをジグザグにおいてサイドステップの練習。

1回目は「サイドステップで!」

2回目は「腰を落として」

3回目は「おじいさんみたいに腰が曲がってた人がいるけど・・・」と言って、腰だけしてもう一回

4回目は「かかとを上げて」

続いて後ろ向き。

バスケのディフェンスは後ろに動くことが多いので、後ろにジグザグ動くサイドステップを2回行う。

6、ダッシュ&方向転換

バスケでは走りながら方向転換することも多いので、その準備となる練習。

先生に向かって10mくらいダッシュ。

先生が赤いコーンを出したら、赤いコーンの出口へ。

黄色いコーンを出したら黄色いコーンの出口へ方向転換してダッシュ。

レベル1
右手で赤いコーン、出口も右側。
同様に左手で黄色いコーン。出口も左側。

レベル2
コーンを出す手と、出口の方向が同じとは限らない。
あくまでも色のほうに進む。

レベル3
先生は赤いコーンを出しながら「黄色」という。
子どもは言葉に惑わされないように、出された色の出口へ進む

6、ボールハンドリング(5分)

左右の手で交互にボールをタップ。

指先でボールをはじくようにして10回。

次に、左右の指先でタップしながら頭の上に持っていき、続いて足元に持っていく。

タップのあとはボールをお腹の周りを1周させる。(反対周りも)

できたら、頭、足の周りも1周させる。

小学2年生なら、以下のボールが良いと思われる

カイザー バスケットボール

7、ボールキャッチ(3分)

両の掌で大きなおにぎりを作るようにして、ボールを持つ。

そのまま、地面に1回ついて取る。

徐々に強くつくようにしながら、これを繰り返す。

パスキャッチと同じ形なので、これを正確にできるようにしておきたい。

参照:https://renbasket.hatenablog.com/entry/2021/04/12/140601

8、ドリブル(5分)

7番でドリブルのような形ができたので、今度は片手でドリブルする。

「パチパチ音がならないのが良いな~」
「おじいちゃんみたいに腰が曲がってると、速く動けないよね~」
など声掛けをしながら、ドリブルに慣れさせる。

9、ボールキープ(7分)

技術的なものばかりだと飽きるので、ファンゲーム。

先生に取られないように、ドリブルしながら逃げてもらう。

2~3回繰り返し、どうすると取られにくいか発問する。

10、パス(7分)

ボールに慣れていない児童は、パスをキャッチすることが難しい。

なので、最初は両手で地面にボールをついた要領で、バウンドパスをキャッチする練習。

キャッチができたら、2人組でバウンドパス練習をする。

11、シュート(7分)

ゴールに入れるのが好きな子は多い。

なので、必ずこの時間は設けたい。

「おにぎりの形でもってシュートしよう」
「ジャンプしながら打ってみよう~」

この2点だけ意識すれば、最初は問題ない。

2年生だと小学生用のゴールは高すぎてフォームが崩れるが、子どもはシュートを楽しみにしているので、5分で良いから取り入れたい。

12、まとめ & あいさつ(2分)

徐々にレベルアップしていくことを伝え、今回は終わりにする。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる