小学2~4年 体育指導内容 コーディネーショントレーニング

スポーツインストラクターとして運動を教えているため、指導内容の確認ができるようにブログに記載します。
体育の授業にもそのまま活かせるので、良ければ参考にしてみてください。
※指導内容が増えるたび書き足していく予定。

【基本的な考え】
・小学生までになるべく神経系を発達させたいので、様々な動きをさせて、コーディネーション能力を身につける
・準備運動(5分)→息の上がる運動(5分)→コーディネーションor短距離走(20分)→専門種目(30分)
・子どもが飽きたり、ふざけたりしないように、一つの内容は5分程度にしテンポよくやる
・指導ポイントは1回の動きに対して1つ。ポイント説明→すぐ実践→追加のポイント→すぐ実践を繰り返す
・水休憩をたくさん挟み、その間に道具の準備などする
・楽しむためのファンゲームを間に挟む

目次

いろいろな動き<10~15分>

バランス<2~5分>

短距離走用のベースポジションで10秒キープ。

ちゃんとやるとなると意識することは結構多い。

①膝をおへそまで上げる
②つま先は上に向ける
③背筋が地面に対して垂直になるようにする
④地面についてる足のかかとを浮かせる

すべてを一度には難しいので、毎回やって1つだけポイントを伝えるようにする。

出典:https://nigirimesi.com/to-run-fast

次は飛行機の形。

走る速さに直接関係ないが、バランス感覚を養うため一緒に取り入れても良い。

参照:https://little-athlete.com/exercise/zenundou.html

グーチョキパーのジャンプ

短距離走ではバネの感覚を身につけることが大切。

しかし、あまり細かいことを言うと、小学2年生は飽きてしまう。

なので、足で「グー、チョキ、パー、グー、チョキ、パー・・・」とジャンプさせる。

それができたら、腕で「グー、パー、グー、パー・・・」とやりながら、足で「グー、チョキ、パー、グー、チョキ、パー・・・」とやらせる。

短距離ダッシュ & スキップ など

コーンまでダッシュして戻ってくる。(15mくらい)

敏捷性を高めたいので、長い距離は走らせない。

身体が温まっていないようなら、最初は「半分の力で」。次に「少し速く」。最後に「全力で」とステップを踏むと良い。

サイドステップ、クロスステップ、バックステップ、スキップなどを混ぜても良い。

コーンは以下のものを使用。
少し高さがあるので、横に倒したとき疑似ハードルとしても使える。

小学生はコースごとに色を分けるなどして視認性を高めることが大事なので、複数の色が入っているコーンを選ぶと良い。

コーン 25本セット 23cm 5色

使用するコーン

座った状態からダッシュ

座った状態や、うつぶせの状態から、笛の合図でダッシュ。

「よーい」のあと、必ず沈黙の時間を3秒以上作る。

これにより、集中力が高まり敏捷性がつきメリハリもつけることができる。

【テニス用】サイドステップ&ダッシュ テニス用

テニスのサイドステップは、相手がボールを打つまでに真ん中に戻るために使うので、バスケの動きとは違う。

あまり腰を落とさず、身体を楽にして移動する。

「右!」「左!」の合図で、サイドステップから一気にダッシュに移る。

このとき、「奇数なら右」「偶数なら左」と言って、「3+8」など言うと、脳の発達につながる。

【バスケ用】サイドステップ 前向き&後ろ向き

コーンをジグザグにおいてサイドステップの練習。

1回目は「サイドステップで!」

2回目は「腰を落として」

3回目は「おじいさんみたいに腰が曲がってた人がいるけど・・・」と言って、腰だけしてもう一回

4回目は「かかとを上げて」

続いて後ろ向き。

バスケのディフェンスは後ろに動くことが多いので、後ろにジグザグ動くサイドステップを2回行う。

ダッシュ&方向転換

バスケでは走りながら方向転換することも多いので、その準備となる練習。

先生に向かって10mくらいダッシュ。

先生が赤いコーンを出したら、赤いコーンの出口へ。

黄色いコーンを出したら黄色いコーンの出口へ方向転換してダッシュ。

【レベル1】
右手で赤いコーン、出口も右側。
同様に左手で黄色いコーン。出口も左側。

【レベル2】
コーンを出す手と、出口の方向が同じとは限らない。
あくまでも色のほうに進む。

【レベル3】
先生は赤いコーンを出しながら「黄色」という。
子どもは言葉に惑わされないように、出された色の出口へ進む

4色コーンタッチ

4色のコーンを四角形になるように配置する。

「赤、緑、青、黄色、よーい、ピッ」の合図で、言われた順番にコーンをタッチする。

このとき、おへそをずっと同じほうに向けておくこと。

なので、バックステップ、サイドステップ、前向きダッシュがすべてできる。

また、瞬時に自分の動きをイメージして、その順番で動く練習になる。

コーンの間隔は10m程度。

ゲーム コーン取り

2~3人組になる

コーンを真ん中に置き、向かい合う。

その場で軽くジョギングしながら、先生が指定した部分をタッチする。

「GO!」の合図でコーンを取る(ぶつかる危険がある場合は、大きいコーンに先に手を乗せた人が勝ちにする。

難易度を上げるなら以下の動画を参照。


「頭!」
「かかと!」
「ひざ!」
「地面!」
「GO!」

その場ステップ+反応

パワーポジションで素早く足踏み。

短距離の足の回転を上げる練習にもなる。

コーチの指に反応して身体を動かす。

右 : 右に身体を向けて元に戻る
左 : 左に身体を向けて元に戻る
上 : ジャンプして頭の上で手を叩く
下 : 腕立て伏せしてもとに戻る

上のコーン取りと同じように「GO!」の合図でコーンをタッチ。
偶数なら何色、奇数なら何色、3の倍数なら何色など、指定をするとより良い。

ラダージャンプ

9m 21枚 ラダー

その場で足だけ「グーグーパー」を繰り返す
次に手を「グーパーグーパー」を繰り返す。

できたらラダーを進みながら繰り返す。

今度は、ラダーにコーンを置いて空いてるスペースでケンケンパをする。

「空いてるスペース」よりも「コーンがあるところ」に意識が向きやすいため、意外と難しい。

デュアルタスクトレーニング

2つのボールを上にあげながら線の上を歩く。

左右のボールの高さを変えたり、片方はバウンドさせたり、交差させたりして、難易度を上げる。

大切なのは、すぐにはできない、ちょっと難しいレベルにすること。

詳しくは動画で。

【テニス用】コーディネーショントレーニング

【バレー用】ボール乗せラダー歩き

レシーブの構えでボールを乗せたまま、ラダーを歩く。

ラダーのステップを踏むのもあり。

バレーにつなげたいので、ボールから目を離さないようにする。

上に投げて背面キャッチ

ボールを上に投げて手を叩いてキャッチ。

背面から前の場合は、「ひざを使う」ように指導すると良い。

詳しくは動画で。

https://www.youtube.com/watch?v=oTqzV0LkhYU&t=94s

トリプルキャッチボール

3つのボールでキャッチボールする。

小学生なら最初は1つ、次に2つ、最後に3つにしてレベルを上げていくと良い。

2つのボールで片方はバウンドパス、もう一方はノーバウンドパスにする、
1人がボールを上にあげている間に、ボールを1往復させるなど、
バリエーションを増やすと良い。

2人組でボールをやり取りする方法はいろいろあるので、詳しくは動画で。

https://www.youtube.com/watch?v=64QMUneYr3U

周辺視野キャッチ

前を見たまま転がってきたボールをキャッチ。

落ちてくるボールをキャッチする、ボールを2つ使うなどのバリエーションを持たせてもいい。

詳しくは動画で。

https://www.youtube.com/watch?v=4MMix7SFR1Y

ミニボールキャッチ

バスケの円を利用。

1人が円の中にボールを投げ入れ、受け手がキャッチする。

ボールを2つにしても良い

詳しくは動画で。

https://www.youtube.com/watch?v=4MMix7SFR1Y
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる