独身男性の実家暮らしが結婚できないわけ

 

病気療養を開始して、はや8年。
ひたすら身体の様子を見ながら、実家で世話になっています。
8年間、いろんなことをやってきました。

本読んでセミナーに通った1年目。
塾で起業しようと思い、塾業界でバイトを始めた2年目。
ネットワークビジネスが良いかも♪なんて思って行動した3年目。
アフィリエイトでなんとか収益をあげた4~5年目。
個人で依頼を受けてホームページ作成や、不動産買取の資料を作った6年目。
通信高校で非常勤講師をはじめた7年目。

体調を崩すことも多く、なかなかガッツリ活動はできませんでしたが、人とは違った経験をしてきたように思います。
でも。
なかなか、心が落ち着くことがない。
おそらくそれは、結婚しておらず年齢にあった階段を上れていないから!!
仮に、普通に仕事をしていれば、お金で心のモヤモヤを紛らわせることができるが、それもできない。
で、考えました。
結婚するにはどうしたらいいか。

実家暮らしを続けていたら結婚できない

20代中頃までは、こう思っていました。
「結婚するのに、実家暮らしも一人暮らしも関係ない。むしろ、実家暮らしの方がお金をためるのに効率的」と。
まぁ、確かに、実家暮らしを続けて結婚したら家を出るという人もいます。
それはそれで良いと思います。

ただ、30歳で実家暮らしということは、何かがあります。
自分の場合は、金銭的事情。
一人暮らしもできないくらいの経済状況では、家族ができたときにすぐに立ち行かなくなるのが目に見えています。
金銭以外にも、家のことを親に依存している可能性もあります。
つまり、実家暮らしというのは「経済的か精神的かのどちらかで、まだ自立できていませんよ」と言っているようなもの。
これでは、結婚できるはずもないですし、結婚を前提の付き合いも生まれません。
だから、結婚したかったらまず実家暮らしを止めること。

・・・。

はい、2年以内には実家を出れるように、頑張ろうと思います。
では、また^^

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください