ネフローゼとIgA腎症だけど、コロナワクチン打ってきた

10年前に微少変化型ネフローゼ症候群とIgA腎症の合併症で入院。
以来、病院に通い続け、今は以下の薬を飲んでいます。

・シクロスポリン(ネオーラル)100mg
・免疫抑制剤(プレドニン)7mg

もともと、コロナワクチンを打つかどうか迷っていました。
治験データが少ないうえ、最近までオリンピック優先の報道で、情報の信用性に欠けていたためです。
ただ、それもひと段落し、情報もそこそこ信用できると感じたため、8月中旬に打つことを決めました。

コロナワクチン接種を決め、いざ予約を取ろうと思ったら、ワクチン不足で予約できない。
・・・と思ったら、かかりつけ医の配慮で、すぐに打ってもらえることになりました。
やっぱり、ワクチンのリスクより、コロナのリスクのほうが高いらしい。

今日の午前中に、ファイザー製のワクチンを打ち、一日、実家で療養。
打った場所に少しだけ違和感はあるものの、問題はなく、午後2時間ほど寝ました。

今、起きて、夕飯を食べたところですが、注射したほうの腕を上げようとすると、痛くて上がらない。
一般的な副反応と同じで、とりあえず安心ですが、今夜はケータイを横において寝ようと思います。

【追記】
接種翌日。
腕を上に上げようとすると痛い。
念のため仕事を休み、一日ベッドで過ごす。

2日後。
朝から仕事。
少し頭痛がある気がするが、気のせいかもしれないレベル。
そのほかは、問題なし。

3日後。
副反応はほぼなくなり、通常通り。
念のため、無理せず定時で仕事を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください